タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

2011年5月、ネット上の展開:Sedona Method V.S. Release Technic

公開日:2011-05-19 08:03:33 修正日:2019-04-26 05:04:20

最近のSedona MethodとRelease Technicがウェブ上でどんなサービス展開をしているかというお話です。

前回、同様な記事を上げた時点では、リリーステクニックのラリー氏のほうがセドナメソッドのヘイル氏より、Webでのビジネス展開が上手いというお話を書かせていただきました。

現在、はるかにヘイル氏のセドナメソッドのほうがリードしております。

ヘイル氏(セドナメソッド)のオンライン展開

1.Letting Go MovieをDVDで発売

2.それに併せてLetting Goのサイトを展開。

3.フォーラムを作成。当初は有料/無料会員とで差別化しようとしていたらしいが、有料はなくなり、無料で全フォーラムを利用できる。(当然英語であるが、過去の記事などがまとまって投稿されており、それらも読むことができる)

4.セミナーの実施に合わせて、宣伝も兼ね、動画をYoutbeや独自サービスとして提供しています。YoutubeにはSedonaMethodのログイン名でアップされています。

5.iPhoneやAndroidといった携帯向けアプリの提供。(5つあり、そのうちお金に関するアプリは無料で利用できる。残りの4つは5ドル弱であるが売れていないらしい)

6.新しいブログサービスで、ヘイル氏が直接ブログを書いているようです。

7.ツイッターも宣伝に使われています。

フォーラムはデザインを何度か変更してあります。ホームページもデザイン変更が時々あります。ただし、SedonaMethod本家のHPはほとんど、DVDなどのパックの販売向けとなり、セミナー等はその都度、Letting Goの下や、そこからリンクした別サービスでお知らせページが作成されます。それには、動画がついていて,「見せる」度合いを大きくしています。

セミナーの内容を小出しですが、ちょくちょく流してくれるので、英語がわかる方なら結構理解に役立つでしょう。私の場合は、初めて聞くのであれば3割程度しか聞き取れませんので、ほとんどわかりません。残念ですが。

ラリー氏(リリーステクニック)のオンライン展開

1.リリーステクニックのHPはデザインが時々変わるだけで、内容はあまり変わりません。その都度、古い記事へのリンクが無効になってしまうので、そのたびに別会社に頼んでいるらしいです。

2.テレセミナーの会社から、電話でのセミナーなどを良く提供しています。費用は無料のものも、有料なものもあります。有料なものは数日にわたる長いセミナーもあります。Skypeなどでいくらか払えば、通信費自身はそれほどかかりません。

3.ライブセミナーも頻繁に行われているようです。正し、講師はラリー氏が直接やるわけではなく、別の講師が行うようです。どの程度の頻度かは、注目していないのでよくわかりませんが、興味をお持ちの方はHPから、誰が講師なのかを確認することができたはずです。わからなければ、メールで聞けるでしょう。リリーステクニックは結構まじめに返事をしてくれるという点で、セドナメソッドより好感を抱いている方がネット上には結構いらっしゃいます。

4.ブログもあります。こちらも記事を投稿するのは、講師をやられている方が多いようです。

5.Youtubeに短い動画が結構アップされております。どちらかと言えば、宣伝的な動画が多いようです。ビン・ラディン射殺後、報復を恐れるアメリカ国民に向けて恐怖をリリースする動画をアップしたことがあります。(折角の動画ですが、長すぎたらしく、短くカットされていたようです。)ReleaseTechnicというログイン名でアップされています。

6.ツイッターも宣伝に使われています。

状況的に見て、ヘイル氏のほうに有能なネットワークでのビジネスをサポートする人がついた模様です。