タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

Continuum of Letting Go

公開日:2009-09-23 12:32:24 修正日:2019-06-13 16:42:50

日本語版:未翻訳

翻訳度 翻訳されていません

タイトルを訳すとすると、「手放しの連続体」になります。Continuumは同じような性質のものが、連続して並んでいるイメージを指す言葉です。この場合の連続帯はもちろん図表の中の矢印を指します。日本語版では大きな四角で囲まれた、解放と言う文字の上を半透明な矢印が左から右へ伸びていますが、原書では一つ一つの矢印の中にReleseの文字が書かれています。

この図表は、日本語版P.70の節に掲載されています。

原文2ページ分、完全に未翻訳ですから、全体を簡単に訳します。

「人生の中で自然と解放してきたことがあるでしょう。この生来の能力をセドナメソッドの実践で強化し、意識的に行えるようにしましょう。
下の図は解放の過程をわかりやすいように図にしたものです。
リリースを実践していくと図の左から右側へ移行しいく傾向があります。
自分自身を左から右へと強制的に移行することもできますが、それはリリースではありません。決意しても内部に不快感を感じ、緊張が高まるだけです。いかに感じるかを変化させずに強制しても、一つの項目は右に動かせても、残りは左にとどまります。意図的にリリースを行えば、全体的に右へと移行できます。
では、意図的なリリース、手放しとは何を意味するのでしょうか?どう実践するのでしょうか?」

前振りがあって、次節のThe Five Ways of Letting Goで5つの方法が紹介されています。