タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

使いながら練習しましょう

公開日:2011-02-16 00:38:25 修正日:2019-04-19 06:26:04

ヘイル氏のセドナメソッドも、ラリー氏のリリーステクニックも、最初にテクニックのやり方を教わった後、一日中このテクニックを実際に使うように勧めています。

これらのテクニック中で使用されている、特定の言葉とか、具体的なイメージにリリースの力があるのではないのです。人生で成長していく上で獲得していった制限や感情を手放す能力は生まれながらの物であり、手放しは決意一つでできる物ですから、特定のやり方だけが正しいわけではありません。

それでありながら,特定のやり方を勧めています。その理由は、習慣化です。同じやり方で解放を行うことで、そのやり方になれ、そのやり方により、解放ができやすくなるからです。

何かを身につけようとするとき、あなたのコーチがいちいち違うやり方を指導したとしたら、その技術を身につけることはできません。自分で習得する場合も同じです。一定のやり方を繰り返すからこそ、身につくのです。

同じことはやればやるほど、簡単になっていきます。そして、より高度な物にも応用が利くようになります。しかし、最初は簡単なことからです。

リリース技術は簡単です。しかし、他の技術と同様に、身につくまで繰り返すのは難しいのです。ですから数多くの技術と同様に、身につけている人は多いように思えないのです。

ですから、まずは簡単なことから始めましょう。とにかく一日中、重たく難しいことでなく、日常のちょっとした不安や怒り、ストレスなどに適用してみましょう。そこがスタート地点、いままで習得できなかった人にとっては再スタート地点です。