タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

Noに対してYesと答える

公開日:2011-02-01 05:01:14 修正日:2019-06-16 03:46:56

答えが本当はイイエなのに、ハイと答えてしまうと何が起きるか。

ヘイル氏のベーシックコースCDの中にある一言です。

本当は「いいえ」なのに、頭で考え「はい」と答えてしまうと、いいえという答えを抑圧することになる、それ故に続いてしまうのだそうです。

逆に正直に答えると、make space、空間ができるそうです。もちろん、心の中の話しでしょうが。空間というのをどう意味取るかですが、私はぎっちり詰まった状態というのは動きがない、動けない状態ですので、全てが固定された状況で、そこに空間ができるというのは、そこにあるものが動かせる、それで対象としている感覚に動きが起こせる=手放せるという意味に受け取りました。

追記:

空間ができるは私の解釈でいいようです。ヘイル氏のレクチャーCDを聞いたら、空間ができるの話のところが聞き取れまして、要は、空間ができることで、手放しの決意やら、なんやらができるようになると言うことらしいです。(聞き流していたので、どこだか思い出せず、そのため確認が取れないのです。現在。)

ですから、日本語訳としては、「余裕ができる」がぴったりかと思いました。