タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

認めるのもウェルカムの一手

公開日:2011-01-19 08:23:31 修正日:2019-04-16 23:55:55

当サイトは、基本原書の第2版を元にして作成しています。

日本語版は第1版を元にしていると考えています。第2版とは使用している言い回しが微妙に異なっているためです。

例えば、日本語版では「~を認めることができますか?」という言い回しが、第2版より多めに出てきます。

この質問、認めることができるかはなんだか堅い言い回しなので、使う方は少ないでしょう。

認めると言うことは、それが存在することを自覚すると言うことです。ですから、ウェルカムを訳した「歓迎できますか」と同じ働きをします。その対象に注意を向け、意識することができます。

第2版では、この言い回しが削られていると考えられる箇所がいくつがあるのですが、柔軟に工夫して使用することはできますね。例えば、何かの感覚を十分に歓迎できないときや感じられないときに、「これをもっと認めてみよう」と表現して、注意を向けてみます。言語能力が高い方にはこの方法も便利に使えますね。