タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

意識した時点でリリースできていることもある

公開日:2011-01-19 08:05:32 修正日:2019-10-13 21:08:34

何かを自覚した時点で、リリースが起きていることがあります。

レスター博士も「無意識から意識下に引っ張り出すと、その感情・考えを持ち続けるデメリットに気づき、自然と手放せる」との旨を書いています。

意識化は自分がコントロールしている領域です。無意識化または潜在意識下にあるものは自分ではコントロールできません。なぜなら、意識できないからです。

無意識のものを意識化に持ってくれば、解放されるというのは、非常によく知られていますし、セドナメソッドを初めとするリリーステクニックや宗教的な告白、現代の専門的なカウンセリング、アメリカのドラマで良く見かけるアルコールや薬物依存の人たちが集まって経験を語り合うグループセッションなどが、有効である共通の仕組みです。

人々は問題について語ったり、質問の答えを探すために、内向し、そこにあるものを意識化へ持ってくることで、コントロールし、影響を無力化するのです。

ですから、ヘイル氏が5つあげているリリース手法の一つである、「感じきる」というのも、この原則が働いています。歓迎し感じきることで、無意識にあったものを意識化に持ってくれば、自然と解放されていきます。勿論、質問を使う方法を初め、どの方法でも解放が起きるのは、同じ仕組みですね。

当然、質問を見たり、聞いた瞬間に、意識が向かい、いきなり解放されることもあるでしょう。意識が向いただけで、自分でも何があるのか理解する前に、消え去ってしまうこともあります。

このようなことが起こるのだと知っていれば、リリースが起きて、気分が改善されているのに、無理に手順を進め、かえって状況を悪くしてしまうことを防げます。そのため、一応書いてみました。