タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

今年のまとめ...まだ10日しか経ってませんが

公開日:2011-01-09 22:39:17 修正日:2019-03-18 04:35:07

アクセスが落ち着くのを待っていました。リリースグループのことを書いたら、アクセスが増えてしまったのですが、なぜか今まで来たことのない人たちがどっと増えてしまいました。

リピーターの方が60パーセントといつもの調子に戻ってきたみたいなので、そろそろ記事を上げていこうと思います。

今年に入り、リリースグループを立ち上げました。現在、私を含め、希望している方も入れると5名です。リピーターさんの動きやサイトの登録を見てみると、どうも気になっている人はかなり多いようですが、なかなか踏み入れられないのですね。笑う

自分でも釈然としませんでしたが、グループを作る目的を明確にしてみました。セドナメソッドなどリリーステクニックを応用して、夢や願望を叶え、問題を解決していくという、精神的と言うよりは、実世界的な部分に、まず重きを置こうと思います。

レスター博士の言うところの、自己・自分自身に達する前に、心を使いこなし、実現化を目指し、心を本当に自覚する段階を目指しましょう。私を含めて、多くの人にとって、世俗的ではありますがリアリティのある目標であると思います。

グループ専用エリアでは、既に公開した博士の講義とは別のものを訳しだしています。少しずつですが、目標に即した講義から順番に訳していきます。一般公開するまで、だいぶ時間がかかるでしょうね。

私は別に何かを売りつけようとか、そういう私心は無いんです。年末のある日、寝起きに作ったら良いんでは無いかと思ったから、作ったんです。

もどかしいので再度お誘いしますが、興味のある方は参加されたらどうでしょう。実際、必要なのは有効なメールアドレスだけで、メルアドは今や無料で簡単に取得できます。怪しいサイト用で使用するアドレスもとれます。だから、このグループがお気に召さないとしても、別に何かを損するわけではありません。

面倒なので、参加方法は書きませんよ。封をする 過去ブログ記事をご覧ください。

話題を変えて、2chネタを。

私が2chで投稿していると考えている人がいるようですが、私は投稿したことがありません。読むだけです。

それと、私的解説は、名前が示すとおり、私的なものです。私的な解釈です。ですから、その内容について、2chで質問されても、答える人は困るでしょうし、答えも推測です。直接その記事のコメントで質問をどうぞ。(余談ですが、今回見かけた質問に関して、回答されている方の意見は、的を射っています。さらに、その前後に別の人が話されている内容が、グループエリアで、書き込んでいることや、これから投稿しようと思っている内容と似ていたので、シンクロニシティを感じました。)(追記:私的解説でなくて、ブログでしたね。対象の記事は。まあ、でも両方同じで、私の意見、解釈です。)

さらに話題を変更しまして、メンバーエリアで訳している講義の内容について。

ぎゅっとまとめると、存在の状態についての説明から始まります。最低はアパシーで、この状態では問題のもとも、無意識の中で渦巻いているだけで、実現化しないそうです。次の段階になると、外側に向けての実現化力がでてくるので、潜在していた問題が現実化してくるそうです。そのため、段階を昇り始めると状態が悪くなったと思えることもあるようです。

現在(45年前の)、実世界自体もこの第2段階のため、世界中で様々な問題が起きているということです。

人が問題を抱えているのはエゴであるからで、本当の自分自身であれば、問題は消えてしまいます。エゴであるのを見分けるには、努力(奮闘)していればそれはエゴ、努力すればするほど、エゴが強力になっているそうです。完全に手放し、自分自身に任せている状態であれば、エゴは存在せず、全てがうまくいくのだそうです。

かなり強引にまとめましたね。メンバーエリアをご覧の皆さんはそうお思いのことでしょう。しかし、この記事、まだ半分しか訳していないんですよね。参加者の信仰深いお友達をネタに繰り広げられる質問が、非常に興味深い話であります。(追記:訳し終えました)

ちょっとだけ、チラ見せでした。

さらにグループについて。何のことやら分からないと不安な人へ解説です。

要は、サイトへ登録してくれた人です。フォーラム=掲示板のシステムは、どのフォーラムを誰に読ませるとか書き込まれるとか、いろいろ調整できるんです。その仕組みの中に、この人達だけに読み書きさせたい特権を与えられるようになっています。ですから、グループ参加の意思を示された方がいたら、私が管理人として、フォーラムへ入り、その人のアカウントに特権を与えるだけなんです。すると、与えられたユーザーさんは、限定エリアで読み書きできるようになるんです。

こんな仕組みを使って、先ほど述べたグループとして、何かやってみようと思っているんです。既にサイトに登録された方は、グループ参加メンバーと、システム上の違いは無いんです。ただ、わたしが、希望者だけに特権を付けているだけです。

参加条件は単に、2週間に一回は何か書き込んでちょうだいね。というものです。理由は繰り返しになりますが、ROM=Read Only Memberばかりになると、その人達が多いばかりに、書き込みに慣れていない人が気後れしてしまうことになるためです。参加し続けるには、たまに書き込んでね、ということですね。

もちろん、活発なメンバーがふえ、どんどんと書き込んでいただけるのが理想です。要は、リリースの記録を書き留めておくノートのオンライン版だと思ってください。本当のノートは自分だけのものです。こちらのオンライン版のノートは、気づきや良かったこと、悪かったことを共有し、疑問・質問の解消に、他の人の手助けを受ける場所にしたいと思っています。

さらに、もちろん、アイデアがございましたら、どんどん、発言ください。可能な限り、採用いたします。