タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

開放の質問でこんがらがっている方へ

公開日:2010-08-21 12:38:07 修正日:2019-06-20 00:11:24

久しぶりに、Google web masterでリンクのチェックを行ないました。それで、リンク元を確かめた際に、2chで質問の際にこんがらがって苦労していらっしゃる方がいるようなので、助け舟を出しましょう。

私的解説にも一応書きました。ただし、私的解説は私の思うところで、正式なものではありません。2010年8月20日に、Letting go movieのニューズレターが来まして...いや、最近は数日置きに来ているんですけれど、さすがに訳しきれないので...、まあ、その20日の内容が、質問だけでどう開放していいのかわからない方々への、手助けになると思います。

当然、これはヘイルさんにより書かれた内容です。だから、信用していいです。けど、ヘイルさんも言ってますが、自分で試してみるまでは信用するのは避けましょうね。;) 実際におこなってみて、その経験で信用するかどうか決めましょう。

 


「質問にはいと答えられないときはどうすればいいんだろう」

それならば、いいえ!と言いましょう。あなたが何を話したかではないんです。あなたが何を行ったかなのです。セミナーでのことですが、時々とても大きな開放が、正直にいいえと答えた場合に起きているのです。

はいも、いいえも、リリースの質問への答えとして受け入れられます。単に質問を尋ね、できるだけ自分自身に正直でいてください。

答えがいいえだったときに、試せるステップがあります。

自分自身の答えがいいえだと気づいた場合に、行える数ステップです。「手放せますか?」の質問がいいえだとしても、単に続けて「手放したいですか?」と尋ねてみましょう。

多くの場合、この質問にははいと答えられることに気づくでしょう。それでも満足できないときは、しばらく自分自身にもち続ける許可を与えてみましょう。これによりすぐに開放がもたらされるかもしれません。そうでなければ「今は手放せますか?」と続けて質問することもできます。

さらに「答えがいいえであったこと、手放せないことを変えたいですか?」と尋ねることができます。もしそうならば、「変えたいという欲求を手放せますか?」と質問します。

そして、これが5つ目のステップです。もし行き詰まっているならば、その「行き詰まり」を変えたりコントロールしたいという欲求を手放しましょう。

手放しを探求し続ければ、だんだんと簡単にできるようになることに気がつくことでしょう。