リリーステクニックが毎月発行しているPDFの冊子の中から、「あなたを引き止める一番大きな障害」という記事を翻訳して紹介します。

“Success & Life Balance” リトリートの紹介記事です。


何が一番の障害何でしょうか?

ヒント:年齢やその人の背景、ライフスタイルに関わらず、私達全員に影響を与えているものです。

答えは私達自身です!

そうです。

ゴールを達成しようとするときの一番の敵は、私達の持つ最悪の敵です。

自己怠惰の行動は様々な形態を取ります。停滞、心配、欲求不満、疑念。

最終的には、全ては共通の一つの要素へ遡ることになります。私達自身です。

すべての感情の根本は、私達自身と我々の周りの人々からの不賛成や非難であるのはご存知のとおりです。

先延ばしを取り上げてみましょう。私達が自然に成長する活動を完了することには、全く問題はありません。しかし活動でもっと努力が必要だとなれば、足を引きずるようになるのです。その1つ目の理由は、ある種の活動は私達のエゴを一時的に増大されてしまい、一方で別の種類の活動はプライドを傷つけるためです。もしくは、私達がすでに持っていた自分自身に対する劣等感が掻き立てられるからです。

疑いでも同様です。完全な受容と承認を自分自身にもっているのであれば、疑念は決して浮かぶことはありません。

ネガティブは危険な悪循環です。疑いや怒り、自己嫌悪の感覚と戦うとき、もっと気分が悪くなるのです!

なぜなら、欲しくないものにエネルギーを集中してしまうことで、私達の人生に良いことが起きるポジティブなことから目をそらしているからです。このネガティブはゴールだけでなく、私達の精神的・肉体的な健康にも悪影響を与えます。

良い知らせです

私達が障害を生み出したのと同じように、あなたは取り除く事もできるのです。自分自身と他の人に対して抱いている鬱憤をすべて取り除き、愛と感謝へ置き換えるだけです。

あまりにも簡単に聞こえる?それは私達が人生には困難と嫌なことが必然であると信じるように条件付けられているからです。

子供の頃は思い通りにならないと、とてもカンカンになります。ティーン・エイジャーになると、部屋ですねます。おとなになったら、嫌いな仕事へ向かうために運転し、ラッシュアワーの渋滞でクラスションを鳴らすのです。

しかし、こうした行動でなにか良くなりましたか?

いいえ、物事を悪くしただけです!

ですから、次に自分自身や他の人、もしくは状況へに嫌気が差したら、その不満はダイヤルだと想像してください。不満が消え去り、愛以外残っていなくなるまでダイヤルを回し、段々と小さくしてください。

どのくらい軽く感じるかに注意を向けましょう。どのくらい頭がスッキリしましたか。どのくらいより自由に感じられますか。

たぶん最初は難しいと思うでしょう。どの程度あなたの中にネガティブが積み重なっているかに応じて、時間がかかると思います。

自分に辛抱強くいてください。特定の状況に対して自分が取る反応を意識することを学んでください。「この反応は状況に手助けになるのだろうか?それとも悪くするのか?」と自分に尋ねてください。

この実践により、怒りを受容へ、憎しみを愛へ変換するのがうまくなります。

特定の状況を変えるのが無理であっても、その状況に対する反応を変えることができます。

カルフォルニア州のデボラさんは、こう書いています。「サンフランシスコの私のオフィスまで70マイル(約110キロ)近くの道のりを運転しています。時々、ベイブリッジが渋滞します。この状況を完全に認め、運転を愛するように決めました。実のところ、サンフランシスコからの毎日に、『通勤のラブソング』を書き、歌っていました。今では静かにリフレッシュし、平和な境地に達して、誰がいようと何が起ころうと大丈夫になりました。」


以降は、リトリートの紹介です。興味をお持ちの方は、リリーステクニックのホームページを御覧ください。みなさんがこの翻訳をご覧になるときに、やっているとは限りません。実施予定のリトリートなどの情報を確認してください。