タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

散歩で体の調子を整える

公開日:2014-11-02 07:16:43 修正日:2018-11-21 06:36:22

レスター博士にかかわらず、多くの先人がアドバイスしていることに、「体の自然治癒力を活かす」ことがあります。

心がネガティブや制限、その病気や怪我、不調に捕らわれていると、体の治癒力はフルに発揮されず、治らなかったり、長引いてしまうということです。

リリースの優位性は、こうした「囚われ」を開放できることです。ただ、「自分は健康だ」と繰り返し唱え、自分に暗示を浸透させようとしても、こうした囚われを持っていれば、それらは抵抗し、場合によっては正反対の結果がもたらされます。

私のおすすめは、散歩と組み合わせることです。散歩自身、メンタルなワークの一つとして、取り入れられることが多いのです。あまりにも心に囚われられているのであれば、そこから注意を一度引き離し、コントロールを取り戻すために使える、お手軽な方法です。

  1. 散歩しましょう。安全なところを選んでください。安心できない場所では、そちらに注意が引き寄せられてしまいます。逆効果です。
  2. 普段より、多少「早め」に歩きましょう。もしくは歩幅を広くしてみましょう。普段と変えることで、自分の体を意識しやすくなります。
  3. 先ずは歩きながら、周りの景色を眺めてください。聞こえる音に注意を払ってください。内部に向いている注意を外側に向けるのが目的です。数分でかまいません。
  4. 足元から順番に感覚や感触を確かめてください。足の裏、くるぶし、甲、足首、ふくらはぎ(前後)と段々に登りながら、どんな感覚であるかを確認していきましょう。
  5. ネガティブな思いや感覚があれば開放しましょう。
  6. 身体的な痛みや不快感は、それを認め、ネガティブな思考をリリースし、それから、「自分の体に任せる」と宣言してください。消し去ろうとしたり、無視しようとしたりしないでください。
  7. 体に任せた時、体からの返答や依頼を感じることがあるかも知れません。例えば、「これは病院へ行け」とか、「専門家の手助けを受けろ」、「休んでしばらく寝ろ」とかです。無視せず、素直に従いましょう。体がなにか別の手助けが必要だと言っているのであれば、それを受け入れましょう。

自分の体と「会話」しましょう。自分の体が日々、段々と調整していく感覚を楽しみましょう。体の治癒力を引き出しましょう。体が「助けが必要だ」というなら、それに従います。それを無視し、無理に何かを行おうと「努力」することはありません。