タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

孤独に表現する

公開日:2014-06-14 00:22:41 修正日:2019-06-17 17:42:03

忘れがちなのが、感情は表現すれば、解放されやすくなります。

もちろん、日常生活で表現していては行けません。表現することを勧めている書籍がベストセラーになっています。でも、表現した結果、あなたの立場が悪くなっても、その本を書いた人は、責任は取れないことをお忘れなく。

自分の感情の責任は、自分にあります。たとえ相手がいくら悪くてもです。あなたは、感情を選ぶ責任がありますし、それを表現した結果にも責任を持たなくてはなりません。

例えば、あなたは緊急時、誰かに襲われたとかいう場合に、恐怖で動けなくなってしまうことも選べますし、怒りを抱いて本気で反撃することもできます。ですから、表現することが、いつも悪いわけではありません。

しかし、通常の社会生活を送っている時に、悪い感情を表に出していたら、間違いなくあなたの評価は低くなります。あなたの社会的ポジションがどこであろうともです。

自分の感情の責任を、自分で認めないのであれば、あなたは自分の感情をコントロールしておらず、感情にコントロールされているということです。感情をコントロールしたければ、一番最初にどんな感情であろうとも、自分の責任であることを認めなくてはなりません。

あなたが表現した悪感情は、周りの人までも巻き込むのです。あなたの横に座っている人が怒っていたら、あなたも気分が悪くなるでしょう。もし、お子さんをお持ちであれば、泣き止まない時に、イライラしてくるでしょう。逆に、笑顔の素敵な店員さんに接客されれば、嬉しくなり思わず商品を買ってしまうこともあるでしょう。逆に、あなたの感情は他の人に影響しているのです。

こうした影響は、周りに人がいる時だけです。当たり前ですね。ならば、人がいなければ、思いっきり表現してみましょう。

その感情を表現しようとしている、超一流の演技の上手い役者になったつもりで、感情を表現してください。数分も表現したら、疲れ、馬鹿らしくなり、笑がこぼれ、そしてリリースできます。

本当に一人の時だけにしましょう。いくら部屋が別れているからといっても、隣に家族がいるときに行えば、気でも狂ったかと心配されます。ちょっとでも、人に影響を与えると分かっている場所では行わないことです。静かに表現できる演技力があるならば、どうぞ行なってください。ただし、中途半端に表現しないことです。何かが残っている感じになりますよ。他の人に聞かれそうな心配がある時は、別の方法を取りましょう。