タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

リリースとは

公開日:2014-06-13 23:33:13 修正日:2019-04-19 12:02:28

リリースとは何でしょうか?   これを最初に理解しておかなくてはなりません。理解していなけけば、リリースで何を行っているのかわからず、ただやっているだけになってしまいます。   リリースという言葉は、「解放」を意味する英語です。心のネガティブを解き放つことを意味します。漢字4文字で表現するなら「消極消去」になるでしょう。   LLリリースでは、思考、感情、感覚などを「もう、握りしめない」、「放っておこう」、「自由にしてやろう」、「どうでもいいや」、「関わるのは止めよう」と決意することで、解き放つことを意味します。あなたがそうした感情を持っているならば、自分で握りしめていることを意味しています。   「いいや、やれることは全部やった。このコースの内容も、他の解放方法も全部試した。いくらやっても、この感情だけは離れていかない……」いくらそう主張しても、もし残っているならば、あなたはその感情の端っこを、指先でつまんだままなのです。そうして、離したと言っているだけです。   別の表現をするならば、「コントロールしない」、「持ち続けない」とも言えます。その感情をどうこうしようとしない、影響を受けず、影響も与えないともいけます。そこにあるのかもしれませんが、あなたは気にしません。ありのまま、そのままにしておくとも表現できます。   こう考えてください。野生の動物のように、感情や感覚は消えたがっています。離れて行きたがっています。でもそこに留まっているのであれば、あなたが柵で囲み、首ひもを付け、そしてその端を握っているのです。   私たちの感情や感覚は、自分で保持しなければ、それが起きても、すぐに消え去ってしまいます。逆に言えば、すぐに消え去らないのであれば、それは私たちがそうしたいから、持ったままにしているのです。たとえ、持ち続けて苦しくともです。   あなたの手の中にゴミがあるとしましょう。横にゴミ箱があります。あなたは手の中のゴミを、そのまま持ち続けることも出来ますし、ゴミ箱に捨てることも出来ます。どちらも可能です。どちらを選んでも、それはあなたの意志なのです。   ですから、今感じている感情を、そのまま引きずるのも、すっぱりと切り捨てるのもあなたの決断により決まります。このコースでは、捨て去ることを決断し、そして実際に投げ捨てる技術の基本を習得します。

リリースの定義
「自分が持っている制限を解き放つこと」
リリースの状態
以下のどれか一つでも感じたら、リリースした可能性がある
  • 自由に感じる
  • 幸せに感じる
  • 気分が向上する
  • その感覚が軽くなる
  • その感覚から、もう影響を受けない自信
  • その感覚と関わるのは止め、あってもなくても構わない
  • その感覚に注意を奪われない
  • その感覚が気にならなくなる

一回で人生のすべてを変えてしまう、大きなリリースは起きますが、そう頻繁には起きません。通常は、小さなリリースを積み重ねることで、人生を変えていくことになるでしょう。ですから、小さなリリースを見逃さないでください。

上記にリストした事柄は、ひとつだけ起きてもリリースしているかも知れません。大抵の場合は、多少なりとも自由さ、幸福感が湧き出て、影響を受けないという自己感覚が起きるなど、同時にいくつか起きると思います。結局のところ、リリースしているかどうかは自分の主観なのです。思考で判断してもリリースの判断は難しいでしょう。ですから、感覚を主に使って判断してください。

制限の大元は思考であり、思考の塊が習慣、感情、欲求でした。それぞれに種類があり、強さも違いますから、当然それを抱いている時、リリースした時の感覚は、異なります。個人差もあります。全てを文章で説明するのは無理があります。自分の感覚を研ぎ澄ましてください。素直に感じれば、直感でわかるでしょう。