タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

抵抗

公開日:2014-06-13 23:27:44 修正日:2019-09-18 12:34:32

抵抗は特定の状態ではありません。その実態は、今まで述べてきた思考・習慣・感情・欲求です。

抵抗は一つの分類ではなく、あなたが何か目標を掲げたり、行動を取るときに起きる、反対する感覚全体へ名付けられたものです。日本語でしたら、「抵抗感」が一番わかり易いでしょう。

仕事で営業に行き、単価100円でまとまっていた話が、いきなり98円でと相手先から切りだされた時、胸のあたりで「きゅっ」と感じたら、それが抵抗感です。嫌いな上司から、仕事の後に一杯引っ掛けようと誘われた時、胃が後ろに引っ張られる感じがしたら、それが抵抗感です。

実際は、怒りや不安の感情かも知れません。はっきりと分かるまで、強いものではないでしょうが、感覚として浮き上がってくるでしょう。ある時は、はっきりとどの感情かわかることもあるでしょう。もちろん感情でなく、他の制限かも知れません。

こうした抵抗感は出来事が起きた時には、体の感覚として現れます。しかし、別の表れ方もあります。

例えば、あなたが今の会社が嫌で、本当は辞めたいと思っているとします。それ自体が既に悪感情であり、抵抗そのものです。それを押し殺していると、今までしたことのないミスを冒してしまったり、大切なことをど忘れするようになります。このミスを起こす、ど忘れするのも抵抗の一形態です。そして、結局会社をやめるのです。良いことを止めてしまうのも、抵抗の現れの一つです。リリースが自分に必要だと思っている人も、長続きしなければ、こうした抵抗にあっているのです。

抵抗感を持っていると、物事がスムーズに進まなくなります。ですから、抵抗感を手放すのは大切なことです。抵抗感の解放は、抵抗そのものとしてリリースすることが基本です。しかし、それがどの感情か、どの欲求かを追求して、手放すこともできます。抵抗の正体を探るのは、必要なことではありませんが、見つけ出したほうが、深く手放せる可能性はあります。