タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

怒りを破壊する

タグ: 私的解説
公開日:2013-12-19 11:08:17 修正日:2019-06-19 15:42:05

シンプルですが強力な怒りの破壊方法を一つ紹介しましょう。繰り返して湧き上がる「怒った」出来事の感情を処理するために使っている方法です。

  1. 受け入れましょう。怒りを持ってもいいんです。その間苦しいのは自分です。怒りを持つことを否定することはありません。自分が苦しいだけで、表さない限り、他の人に影響を与えるものでもありません。
  2. そのまま怒りを感じましょう。出来事を思い出して下さい。
  3. 出来事の最後まで思い出したら、次のように思って下さい。「相手も悪い。自分も悪い。」 沸き上がってくる感情や感覚はそのまま受け入れましょう。一時的に思い感覚、爆発しそうな感覚が強くなるかもしれません。受け入れ、それから受け流しましょう。
  4. 次にこう思って下さい。「相手も正しい。自分も正しい。」 怒りが砕ける、引いていくはずです。
  5. 数回繰り返しましょう。「相手も悪い、自分も悪い。」 続いて、「相手も正しい、自分も正しいです。」
  6. 十分に怒りが解消されたら、最後に実感して下さい。「みんな、一緒だな。」

人間の怒りは、善悪に結びついています。普段、怒るときは「相手が悪い。自分は正しい。」という考えにとりつかれます。もしくは、「相手が正しく、自分が間違っている。けど、そこまで言わなくても…」という正当化に陥ります。常に、相手と自分の善悪は逆の立場であることを、心が証明しようと、苦しみ続けているのです。

ですから、対立が起きないように、同じ方向の視点で自分と相手を見て下さい。ただ思うだけなのに、善悪のスイッチが入らなくなり、やがて怒りは消えていきます。

最後に、自分も相手も同じであることを感じるのは、自分と相手という境界線を無くし、すべて一緒であるという感覚を強めるためです。自分と相手に善悪をつけるということは、この境界線を強く深くすることです。それをなくし、すべてが同じであるという感覚に浸りましょう。

そうすれば、怒りの経験も自分の向上に結び付けられます。すべての出来事は、自分を向上させるために起きるのです。