タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

なぜ現実化出来ないのか

タグ: KISSリリース
公開日:2013-10-06 19:49:29 修正日:2019-08-19 20:34:02

KISSリリースが数日前から、基本コースの卒業生向けに、なぜゴールがリリースで達成できないかを説明するミニコースをメールで配信しています。

以前、当サイトでもPDF版で紹介した内容と似ています。プロモーションの一つでしょうから、内容をお知らせします。


 

大きな障害をリリースし、全てのゴールを実現する

最初は、リリースの実践者であっても、ゴールを達成できないのは何故かを明らかにしていきます。

 障害物がいくつもあるのですが、リリースのベテランでもはまっているものが一つあります。もちろん、簡単にリリースできます。

本当に数少ない生徒達がだけが、驚くべき結果を達成しています。以前では不可能だったことをです。

レスター博士は言いました。「一見不可能なことでも、完全にリリースした時、瞬間的に可能になる。全く気にしなくなった時、完全にリリースしたことが自分で分かる。」

一部の生徒が素晴らしい結果を残しているのに対し、ほとんどの生徒はまだ達成していません。

先ず、最初の障害物にとりかかりましょう。

障害物1:リリースを活用しない

リリースは使えば、効果があります。

典型的な自己開発に陥れば、あなたに必要なのは、座ってビジュアライゼーションをすることです。もしくは、ビジョンボードを貼ったり、そのようなことです。

人々がリリースを使わないのは、本当に効果があることを信じていないからです。ですから行いません。もちろん、何も効果は出ません。

良い考えがあります。先ず、小さなゴールから取り掛かるのです。達成可能だと考えられるゴールを設定しましょう。そのゴールが達成できれば、少し信じることができるでしょう。そうしたら、もうちょっと大きなゴールを設定します。

その結果:

  1. リリースを使用するようになる。
  2. メソッドと自分自身に自信が持てる。
  3. もっと大きなゴールを信じられる。

私達はエネルギーでできた世界に住んでいます。

エネルギーはエネルギーです。全てはエネルギーです。感情もエネルギーです。

ですから、私達は引き寄せの世界にも住んでいるわけです。似たようなものを引き寄せる世界です。ポジティブなエネルギーは、ポジティブなエネルギーを、ネガティブなエネルギーは、ネガティブなエネルギーを引き寄せます。

これが、ゴールを達成するのと、どう関係あるのでしょう?

あなたがポジティブなら、ポジティブなゴールを引き寄せるのです。ネガティブなら、ネガティブに満ちたものや人、環境を引き寄せます。

私の言っている「ポジティブ」とは、あなたの本当の感情的な状態です。積極思考は必要ないのは、意識の中でポジティブな考えを持っているだけだからです。

私が言っているのは、無意識を探り、普段は見ようともしていない奥深くのネガティブを解放することです。その時、本当に気分が上昇し、本当にポジティブになれるのです。

CAPの状態にいる時だけ、ポジティブなゴールを実現できます。

障害2:CAPに至る前に、止めてしまう。

大きな間違いは、勇気のレベルに到達する前に、リリースを止めてしまうことです。止めてしまえば、心の中に残ります。それを引き寄せてしまいます。

しかしです。あなたはゴールに関して、そのゴールが気にならなくなるまで、勇気以上の感情に留まらなくてはなりません。

レスターは「気にならない状態とは、そのゴールが達成できても、できなくても構わない状態だ」と説明しました。

これが多くの生徒が勘違いしている点です。ゴールプロセスの目的は、ゴールを達成することだと考えているのです。違います!

ゴールプロセスの目的は、無意識の「達成できない」プログラムを表に引き上げ、解放することです。

ゴールの達成は、リリースの最終結果ではありません。それは、副作用の一つです。

ゴールチャートにより、自分の欲求を引き出し、それを解放するのです。それができると、そのゴールが、実現するのです。

もしくは、実現しても、しなくても良いと思えるでしょう。全然、気にしなくなります。

ですから、小さなゴールから初めましょう。勇気のレベル以上まで、引き上げるのが簡単です。

レスター博士の「尻(Butt)システム」を聞いたことがありますか?手短に説明すると、椅子に腰掛け、プロセスだけを使って、リリースすることで、欲しいもの全てを手に入れることです。

実際、「リリースだけで全てを手に入れる」というのが、自由への一番早い段階の一つでしょう。

良いニュースと、悪いニュースがあります。良いニュースは、これは実際に働きます。悪いニュースは、感情のチャートのとても高い位置に留まる必要があることです。

言い換えれば、多くの「手に入れられない」感覚やプログラムをその領域に持っているならば、働かないのです。

努力しないで実現するには、そうしたゴミを全部掃除する必要があります。

また、リリースしているゴールにほんの少しの感情的なゴミを持っているだけならば、それを捨て去るのは、素早く簡単にできるでしょう。

そのため、「リリースだけで100ドル以上を手に入れても良い(訳注:原文は手に入れることを自分自身に許可するです)」などの、簡単なゴールを選ぶように、新しい生徒にはアドバイスしています。

どんなゴールであっても構いません。リアリティーがあれば、達成するのはやさしいでしょう。

ほとんどの場合、こうも行かないので、そんな時は、アクションステップに対してリリースを行いましょう。

障害3:アクションステップを行わない

これはとても重要です。アクションそれ自身では、達成できません。言い換えるならば、アクションを取ろうと、取るまいと達成できません。

ゴールを達成するのは、何かを所有すること、なること、行うことについての意識の結果だからです。

ラマナ・マハルシの言葉を引用すると、「心の浄化のために、行動が処方された」です。

実践的にはどういう解釈をすれば良いのでしょうか?つまり、あなたが行動を開始すると、心がかき乱され、「手に入れられない」プログラムが顔を出し始めるのです。

これこそ、アクションステップの終局の目的です。隠れている無意識のプログラムをかき乱し、意識に浮かび上がらせ、解放することです!

多くの生徒が経験しているのはこれです。とても大きなゴールをゴールチャートでワークします。多くの要求が浮かび上がり、リリースし、CAPに到達します。しかし、実現しません。

そんな時、わたしはアクションステップを行うようにアドバイスします。ゴールを実現するために、必要だと考えている行動です。

すると、今までリリースされていなかった欲求が浮かんできます。そうした、欲求を開放すると、突然ゴールは実現されます。

アクションステップのリリースは、実際の行動の前と後に行います。さらに、欲求が浮かび上がり、それらをリリースするのです。

3つの大きな障害に共通するものに気が付きましたか?それは、抵抗です。抵抗が現れた状態です。

もし、メソッドを使わないのであれば(障害1)、使うことに抵抗しています。
もし、CAPまでリリースしないのであれば(障害2)、リリースを行うことに抵抗しています。
もし、行動することにリリースを使わないのであれば(障害3)、アクションステップを行うことに抵抗しています。

全部、抵抗のレベルにまで、あなたを落としてしまいます。

抵抗とは、他のプログラム全てを守ろうとするプログラムのことです。

それは「できない」という感覚で、停滞させ、変化を要求させます。

基本的に、抵抗はしたい、持ちたい、なりたいもの全てを壊します。そして、リリースからあなたを遠ざけるのです。

なぜなら、究極的には、メソッドを使ってもゴールに到達できないのであれば、その理由は唯一、リリースしていないからです。

純粋で、シンプルなのです。

演習:連続した意識上の抵抗を書いてリリースする

1.あなたを悩ませている問題を一行で書いてください。それを変えたいと思っていることとか、停滞していることです。長く続いていることです。

2.書き留めたら、3つの欲求をリリースします。それから尋ねてください。この抵抗を手放せますか?手放したいですか?いつ?

3.それぞれの最後に、尋ねましょう。「抵抗していたいかな、それとも自由でいたいかな?(幸福、成功、健康)

4.それについて軽くなるまで、抵抗を開放し続けます。抵抗が停滞の原因です。思い出してください。リリースは決意です。(ステップ2)

5.それから他の問題を書き留めます。同じ手順を行なってください。

6.問題を10個書き留め、リリースするか、30分過ぎたら止めてもかまいません。

7.次の機会に、問題を見直し、まだ悩まされているか確認します。悩まされていないものには、横線を引いて消してください。悩まされているなら、抵抗をリリースしてください。

思い出してください。抵抗しているものは、続きます。(なぜなら、それを抱き続けているからです。)

あなたの「問題」は、ゴールを実現化するのに苦労していることだと言ってください。

尋ねましょう。「このゴールに対して、どんな感覚を持っているんだろう?」

感覚や思考を書き留め、欲求を使いリリースします。それから、既に説明した通り、抵抗をリリースします。

一度、良い状態に達したと思えたら、同じゴールについて別の感覚を取り上げ、手順を繰り返してください。

何も浮かばなくなるまで、続けます。

この演習はゴールについて、心に抱えている抵抗を素早く消し去ってくれます。

そして、ゴールが安らぎと共に、あなたの身の上に起きるのです。