タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

あれが欲しい。でも…。

公開日:2012-11-09 01:34:58 修正日:2019-08-18 06:19:48

「あれが欲しい。でも…」 欲求に対して、なにかストップがある状態です。

皆さんはどのように、リリースしているでしょうか。

もし、欲求のリリースができる方であれば、そのまま3つないし4つの欲求を見つけ、開放しているでしょう。

欲求のリリースがまだできない方は「渇望」の欲求であると気づきましょう。

「でも、できない」、「でも、すべきでない」という感覚があり、その感覚だけを見るとアパシーのように見えます。でも、アパシーではありません。

確かに、「できない」はアパシーなのですが、アパシーは「できない。どうしようもない。」つまり、「何も」できない状態です。ですから、一番下の低い状態なのです。

渇望には、「こうしたり、なりたい、欲しい」という希望があります。ですが、その一方で「できない。すべきでない。」というストップの感覚があり、煩悶しているのです。

6つの低い感情のうち、渇望はあまり目立ちませんね。欲求と似ているため、欲求の手放しが出来れば、欲求として処理されるでしょう。

もし、感情の段階に沿って、リリースする方法を取る場合は、したい+ストップで苦しい部分を探してください。それが渇望です。辞書的には、強い欲望という意味合いがありますが、それでは大きな欲求しか当てはならないことになってしまいます。しかし、どんな小さなこと、うっすらとした願望であっても、一方で「できない。すべきでない。」というストップを持っているため、心苦しさを感じているのでしたら、それは願望です。

こう考えれば、願望として多くの制限を引き出すことができます。