タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

恐れとアパシー

タグ: 私的解説
公開日:2012-09-27 01:59:11 修正日:2019-10-19 19:16:16

恐れとアパシーは感情の中でも基本的なものです。

レスター博士は、全ての悪い感情のもとには「恐れ」があるといいいました。これを簡単に理解するには、感情のスケールの悪い感情6つの根本には「恐れ」の思考があると考えれば、納得しやすいでしょう。

現実や状況全部に恐れを持てば何もできなくなり、アパシーに陥ります。自分の生命・安全が脅かされると感じれば、怒りになります。恐れに打ち負かされてしまえば、悲しみになります。何かが出来ないのがバレるのを恐れればプライドになります。失うことを恐れれば渇望になります。

アパシーを行動で捉えれば、「出来ない」です。そしてネガティブな感覚は全部何かを止める方向の力です。ならば、全ての負の感覚は、アパシーの感覚を含んでいると言ってもいいでしょう。

何かを止めようとする力は抵抗でもあります。ですから、ほとんどの抵抗はアパシーですし、どのネガティブな思いも抵抗、アパシーを含んでいます。

恐れに始まり、行動面ではアパシーを含んでいるのがネガティブな感覚です。納得していただけるでしょう。