タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

自分は別だ

タグ: 私的解説
公開日:2012-09-25 23:54:28 修正日:2019-04-25 01:58:49

自分は別だというのも、リリースを妨げる一つの罠です。

あなたはリリースに関して、何かを読んでいます。

「プライドは他の感情を固定します。」ー「…でも、自分は別だ…」

「どんな感覚でも手放せるのです。」ー「…でも、自分の感覚は別だ…」

「どんな問題も、それに固執しているから、持続します。」ー「…でも、自分の状況は別だ…」

「最初に、欲求を捨て、幸福にならなくてはなりません。」ー「…でも、自分は別だ…」

このように、「自分は特別だから、一般的なことは当てはまらない」と、心の奥底で言い続けていては、リリースできるものも出来ません。

「自分は別だ」という抵抗

まず、これは抵抗です。あなたは何かをリリースしようとし、あなたの内側ではそれをリリースさせまいと抵抗しているのです。正直に自分の内側を直視すれば、そこに抵抗感を感じていることでしょう。しかし、大抵の場合、「抵抗など無い」と目を背けているのです。

「自分は別だ」というプライド

自分は特別なのだという、プライドでもあります。プライドは他の感情も固着させ、なかなかリリースさせません。ですから、自分は特別だというプライドを持っていると、リリースに関する法則にでさえ、自分は当てはまらないと否定、抵抗し続けることになり、その結果、リリースから効果を引き出すことはできません。

「自分は別だ」という承認欲求

この特別だという感覚は、承認欲求であることも多いのです。「他の人と違うことを認められたい」と思い続けており、意識的、無意識的に「他の人とは違う、不幸な人生」を選んでしまっています。もし、あなたの「特別な悪い状況」を他の人から、同情され、それでうれしさを感じたのであれば、まさにあなたはこの承認欲求を持っています。

「自分は別だ」という分離欲求

もちろん、自分は別であるというのは、全ての状態から自分を切り離す、分離欲求です。多分、分離欲求は余りにも根本的であるため、なかなか気づかないかもしれません。この制限を持ち続けることで、自分自身の本然である、幸福、自由、完全性、普遍、全知全能である常態から独立し、「自分」であるために制限を取り入れ、その結果、制限に苦しめられます。

「自分は別だ」をリリースする

もちろん、正直になり、「自分は別だ」という思考、感覚に気づけば、手放すことができます。手放せば大きなブレーキになっていたことに気がつくでしょう。

「…でも、自分は別だ…」

オッケイ。構いません。私はあなたをコントロールしようとは思いません。

つける薬はありません。だけど、心配しないでください。

心配しなくても自分の人生がちゃんと教えてくれます。運命にいたぶられ、人生に傷つき、多くの障害を抱え、あなたはやがて渋々認めることになります。それから、やっと「自分は別だ」という感覚を手放せるのです。

ですから、素直に認め今手放すか、十分に苦しんでから手放すかの差でしかありません。

十分に苦しむことを選ぶ人もいます。苦しむ人生を選ぶ人もいるのです。まだ、苦しみ足りないのです。本人の選択です。尊重しましょう。

ところで、あなたはどちらを選びますか?