タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

成功本クリアリング

タグ: 私的解説
公開日:2012-03-14 10:13:19 修正日:2019-10-10 14:48:40

このサイトをご覧の方でしたら、過去に何冊、何十冊と成功本、セルフヘルプの本をお読みになっているでしょう。

今も手元にお持ちですか?でしたら、良いリリースのネタになりますよ。

それらの成功本を読み、実行しなさいという意味でありません。

そこに書かれている内容を読み、浮かび上がってくる物をリリースしていくだけです。

内容の中には、好きな方法、嫌いな方法があるはずです。役に立つ、たたないという判断もあるでしょう。この点は信じられる、ここの部分は怪しいと考えたかも知れません。

例えばです。何かを行うのが面倒な人は、「行動型」のアドバイスに抵抗や反感を覚えたり、嫌いだという思いを抱くでしょう。

書くのが苦手だと思っている人は、目標を書き出せとか、行動リストを作成しろという内容は、面倒である、手間がかかりすぎる、役立たないと判断します。

行動することや書くことが重要だと言っているのでありません。成功に必要だと説明されている内容も、実はただの制限です。そして、そのアドバイスを読んだ時の感覚や感情、判断も制限に過ぎません。

ですから、手放してしまいましょう。

本当にあなたに必要なアドバイスは、得られた時に直感でピーンと来るでしょう。それは、素直に受け入れましょう。ただ、余計な制限を持っていたのでは、直感を得られませんし、得られたとしてもそれを疑うことになってしまいます。

逆に制限を持っているのであれば、その時点で様々な形で与えられるヒントを見過ごしてしまうでしょう。制限はあなたに入ってくる情報、内部の直感を妨害します。

ですから、見つけられる制限は手放したほうが良いのです。こうしたら成功できるという情報を手放し、そこに書かれているものを読んだ時に浮かんでくる、制限の思考を手放しましょう。

既に持っている書籍は、リリースする内容を見つける良いネタになります。お試しください。