タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

リリース結果はポジティブにとらえる

公開日:2012-03-03 01:10:25 修正日:2019-04-17 01:42:35

リリース初心者、リリーススランプの時のヒントです。

リリースの結果はポジティブに捉えましょう。成功をもたらすための、ポジティブシンキングは、ほぼ役に立ちませんが、リリースの結果をチェックするときは、ポジティブに考えないと、上手く行かなくなります。

これは、結果をポジティブなんだと自己暗示することではありませんよ。

私達の心は、意識を集中したものを、拡大鏡で見たように、実際より大きいものと捉えるのです。

リリースの途中、浮かび上がってきたものをそのまま受け入れますよね。当然、それに集中するわけです。するとネガティブ部分が大きく見えます。感じられますね。

すると、自分自身、思考で判断する心ではなく、本当の自分が「こんな重たいもの、もういらない」と捨て去ることを決意するのです。

その後の言葉による質問は、自分自身の決意を強化していきます。「うんうん。そうだね。やっぱりいらないや。」、「もう、握り続けるのは止めよう。関わるのは止めよう。」と決意するのです。

さて、チェックの段階があります。自分が手放せているかチェックしますね。手放せているなら、手順は止めますし、手放せていないなら、続けます。

ここで注目するのは、「いかに軽くなっているか?」、「いかに幸福になっているか?」です。つまり、「最初と比べて、どの程度軽くなっているかな?」、「リリース前より、幸福になっているかな?」という点に注目します。これが肝心です。

逆に「どの程度ネガティブが残っているかな?」、「どの位、重たいままかな?」と注目してしまえば、残っている部分を実際より多く感じ、「ああ、まだまだ手放せていない」、「全然変わっていない」、「効果はない」となります。

簡単でしょう?私は、自分でできない難しいことをおすすめしませんよ。ポイントを押さえれば、リリースなんて簡単なんです。