タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

基本の3質問の意図

公開日:2011-08-08 08:01:03 修正日:2019-04-19 14:07:22

基本の3つの質問、「できますか?」、「したいですか?」、「いつ?」はレスター博士の言葉から来ています。

それは、手放せない理由は2つあり、一つ目はできると思っていない、二つ目は話したくないと思っている、のどちらかであるということです。手放すには、できるという意志と、それを望むことが必要なわけです。

ヘイル氏ははいでも、いいえでも、手放せると言っていますね。博士が直接言っているわけではなさそうなので、ヘイル氏個人の解釈か、ヘイル氏がセミナーコーチだった時にそう習ったかです。

ですから、あなたの解釈で、質問とレスター博士の言っていることを理解しても、構わないでしょう。例えば、私が今の時点で解釈しているのは、最初のできる?の質問で、はいと答えたら、「ようし、放すぞ!」という意図を強化して、二番目のやりたい?の質問で、肺と答えたら、「ああ、こんな重いのは嫌だな。放したいなあ」という希望を強化、三番目のいつ?で今と答えるのは、「持ち続けている時間だけ、苦しまなくてはならない。だったら、今手放してやる!」と、実際に手放す決意をする、という感じです。

そして、放したいという欲求が十分に有り、放すぞという意図が強固な状態であるならば、言い回しを使わなくても、ただ決めただけで、手放せます。つまり、感情のスケールで言うならば、勇気以上の状態であれば、決意だけ、それ以下の状態であれば多少の手順を踏む感じですね。

ちなみに、私は今、欲求に関して、どんな状態であっても、決意だけで手放すようにしていますが、状態が低いときは、なかなか完全に手放す決意が出来ず、多少時間がかかります。けれど、欲求を見つけて手放せると、軽くなる感じが強いので、多少時間がかかっても、行っています。