タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

あなたが得たものを分かちあう

タグ: 当サイト
公開日:2011-08-05 06:16:44 修正日:2019-08-19 20:37:59

リリースで得たものを分かち合うためには、当サイトのフォーラムもご利用ください。

ヘイル氏いわく、リリースを進めるキーは、あなたの得たものを分かち合うことだそうです。

よく、日本人の人は欧米人に比べて、自己アピールが弱いと言われています。まあ、真実でありますので、仕方がありません。

欧米人の人は、自分が得たものに対して、嬉しそうに話しますね。けど、日本人の人で、うきうきと話せるのは少ないです。学校時代に、自分の得たものをアピールすることはありませんものね。練習不足なんでしょう。

あと、発表の場も少ないのです。セドナメソッドもリリーステクニックも、得たものを書いて、本部に送ってねと、本やワークブックの最後に書いてありますけど、日本人ですと英語で書かなくてはならず、それをアメリカまで送るなんて、手間ですものね。

そこで、当サイトのフォーラムをご利用ください。何も、情報提供やQ&Aのためだけに、用意しているわけではありません。

リリースを行うことで、得たものを発表する場所としても、提供しています。

読む人の人数が絞られているという意味で、メンバーになってもらい、メンバーエリアで書き込んでいただくのが、一番書きやすいと思いますが、読み手が多いほうがいいというのなら、誰でも読める一般開放エリアのフォーラムに書いてもらってもかまいません。書き込み練習フォーラムであれば、一日で消えます。消えて欲しくないのなら、他のところでかまいません。投稿があるのなら、発表フォーラムを作り、そこに投稿を移しておきます。

まあ、一度、自分の得た利益や、理解したことなどを書き込んでください。他の人が知っているというのは、それだけでもウキウキしますよ。べつに、「誰かに認めてもらいたい」なんて、承認の欲求を持たなくても、書き込めます。

これも、本気でリリースしたい方へのメッセージです。おためしあれ。