タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

財政危機より自由になる

公開日:2011-08-02 22:32:26 修正日:2019-07-17 00:27:48

ヘイル氏が自分の中にある財政危機を、3ウェルカムの手法で解放するやり方をブログにて紹介しています。

訳してみます。英語が読める方は原文を御覧ください。


Liberate Yourself from Your Own Inner Debt Crisis(内なる財政危機より自分を解放する)

幾つかの国で今までにないほど増加している財政赤字で大変なことになっていますが、似たような感じを心の裏側に持っていませんか?自分の生活を考えると、差し迫った危機が見つかるのでは?自分の状況から逃げ出して、本当に新たなことを始めたいなんて思っていませんか?

私たちは前例のない変化とチャンスの時にいます。アメリカは天井知らずの赤字と戦っています。たとえこれを無視したところで、数兆ドルにも上る他の多くの債務については語られていません。ギリシャでは緊縮経済に対し反対運動が起こっており、イタリアとスペインでは銀行が潰れています。古いシステムが崩壊していく一方で、政治家たちは自分たちのダンスを踊りながらも、お互いにステップを外しているのです。

私たちの人生は大きな挑戦で満ちあふれています。仕事は足りません。住宅価格は下落の一方です。私たちが快適さと安全を得るために使っていた多くの古い制度や視点は、脇によせられていきます。自分の内側に注意を向ければ、地震や津波のような感情的な混乱を感じるのではないでしょうか。

これは私たち全員にとって、手放しし、新しいものを取り入れるか、持ち続け、沈みかけた船と一緒に溺れるかという機会の時です。どちらを選びますか?今まで行って来た古いやり方と戦い続けたいのか、自分自身の本当の心に注意を傾け、新しいものを取り入れたいですか?それはこの瞬間に心とつながることができることによる力と確信を取り入れることです。あなた次第なのです。

過去には有益だったものが今どうなっているか、外を見回してみましょう。そして、今は何が最適なのかを発見しましょう。私たちは皆、とてもたくさんの力と利用可能な能力を内側に持っているのです。もし、他の人達や環境と戦うことをやめるなら、私たち本然のとてつもない富が利用でき、グローバル、そして個人の抱えている問題両方に対するたくさんの解決策が準備され、たった今、そこで見つけられるのを待っているのを発見するでしょう。

今、内側に向かえば、心の雑音を超え、直感による知恵と明確な動機を見つけることでしょう。それらはあなたを通じて、またあなた自身を輝かせるのです。

これを始めるのに、役に立つプロセスを一つ紹介します。更に自分自身の道を見つけるのに役に立つ、自分自身の道具、テクニック、考え方を見つけ出すことをお勧めします。

  1. 私たち全員が直面してる、現在の変化や挑戦を一つ考えてみましょう。
  2. この瞬間、どんな考え・感覚・信念であろうと意識に浮かんできたものを全て受け入れられますか?言い換えれば、しばらく闘うのは止め、今ここに何があるのかに注意を払います。
  3. これを修正したい、変えたい、何かを行いたいという欲求を全て迎い入れましょう。注意:私は最適な行動をするなとは言っていません。これは単に存在するであろうエネルギーを受け入れることです。
  4. これが自分だという感覚、私はなんなのかという感覚を全て受け入れられますか?それによって自分を感じられることはわかっています。私はそれを無視しろとは言っていません。私がおすすめしているのは、もしこの挑戦を私たちが如何に創りだしたのかを受け入れれば、私たち個人を超え、普遍的な解決策を見つけられるということです。
  5. 直感的な知恵と明確な動機、そしてこの内なる力があなたを解決へと導いてくれることを受け入れられますか?次のように尋ねることもできます。「この挑戦を乗り越えるため、一番シンプルで、最も突拍子も無い行動とはなんだろう?」私達自身の明確な動機と知恵に心を開くほど、本物で永続する解決策を見つけられるようになります。
  6. さあ、どんな建設的な行動も取りましょう。

このように私たち全員が個人として、また共に存在するものとして手放していけば、私たちはもっと役に立ち、制約と挑戦乗り越えて進むための新しく創造的な行動を取るようになるのです。私たちが至高で最善を共に目指すのなら、全ては可能なのです。