タグ 説明
KISSリリース ステファンさんによる手法関連情報です。
LLリリース 私の経験を元にした、リリース法です。
お散歩ビジュアライゼーション 散歩しながら視覚化を行い、エネルギーを上げましょう。
セドナメソッド ヘイルさんによる手法関連情報です。
セドナ本 唯一、日本語に翻訳されている書籍の補足です。
トレーニングセンター LLリリースを学ぶ情報です。
フォーラム 旧フォーラムの情報です。
リリーステクニック ラリーさんによる手法関連情報です。
レスター博士 開放手法の祖、レスター博士関連情報です。
レスター講義 レスター博士の講義を翻訳したものです。
初心者向け セドナメソッド初心者向け解説です。
当サイト 当サイトに関する情報です。
私的解説 技法について、個人の経験から解説しています。
電子本 LLリリース関連の電子本です。

唯一、受け入れられる欲求とは

公開日:2011-07-24 03:27:10 修正日:2019-01-16 21:46:44

欲求は全て解放すべきです。なぜなら、開放は不足感を思い起こさせます。でも、ひとつだけ強く抱くべき欲求があります。それは何か、分かりますか?

 答えは、「完全な自由、不動心を達成したい」という欲求です。表現を変えると、至高の状態を達成したい、全知・全能の存在、本当の自分自身でいたいという思いです。

ヘイル氏のセドナ本と、ラリー氏のアバンダンス本に書かれていますが、レスター博士の開放方法で、1974年に開発された6ステップがあります。その第1ステップに当たる部分です。第一段階は「承認・コントロール・安全を求めるより強く、不動心また自由を欲しなくてはなりません。」です。

また、レスター博士はレクチャーの中で、表現を変え、「過去の思考・感覚・感情などを貯めこむ習慣を我々は持っており、それはとても強いものだ。それを手放し、至高の段階を達成したいという思いを持たないと手放せない。至高の段階、自分自身でいたい、幸福でありたい、全知全能で在りたいというのは、全て同じ事で、それらを求める意思は、過去の習慣を持ち続けたいという無意識の思いよりも強くなくてはならない」と言っています。

もし、リリースが上手くいかないのなら、最初に思い出すべき項目です。

確認してみましょう。「ほんとうに自分は自由になりたいのか?」、「自由になりたい思いは、手放したくない思いよりも大きく強いのか?」

もしも、十分に大きく、十分に強く決意していないなら、再度心に決めましょう。ただの決意です。あなたはそう決めるだけで、自由に近づけるのです。あなたはなにか別のものになろうとしているのではなく、もともとそうであった、自由・不動心の状態へ戻るだけなのです。

簡単でしょ?